トップページ > 不動産用語集

不動産用語集

 

あかさたなはまやらわ英
不動産用語集「あ行」トップページ > 青田売り(読み方:あおたうり)

不動産用語「あ」


青田売り
(読み方:あおたうり)

元来は「稲が十分に成熟しないうちに収穫高を見越してあらかじめ産米を売ること」の意味であるが、不動産業界においては、建物が完成する前に、土地付き建物の販売をすることをいう。未完成販売とも。新築マンション・一戸建ての分譲では青田売りが多い。

青田売りについては、宅建業法により「広告開始時期の制限(宅建業法33条)」として、建築確認前に青田売りの広告を出すことを禁止しており、そのため広告には必ず建築確認番号が表示される。他にも工事完了時における形状・構造等の書面による説明(同法35条1項5号)、契約締結等の時期の制限(同法36条)、手付金等の保全(同法41条)の規制を受ける。

実物を見て確認することができないので、図面やモデルハウス等で判断することになる。契約前に、建物の外観、設備仕様など細かい点まで確認すること。

[関連ワード]-
福仙メモ
Under Construction...
不動産用語集「あ行」トップページ > 青田売り(読み方:あおたうり)