トップページ > 不動産用語集

不動産用語集

 

あかさたなはまやらわ英
不動産用語集「あ行」トップページ > アスファルト防水(読み方:あすふぁるとぼうすい)

不動産用語「あ」


アスファルト防水
(読み方:あすふぁるとぼうすい)

アスファルト防水は、ビルの屋上などの水平な屋根(陸屋根)に施されるもので、 アスファルトを合成繊維に含ませたルーフィングというシートを何枚か重ねて防水層を形成すること。
日射や人の歩行から防水層を守るために薄いコンクリート層をその上に載せるのが一般的。

ふだん、ビルの屋上を歩いても気づかないが、屋上表面のコンクリート層の下には、 アスファルト防水層があって、室内へ水が漏れるのを防いでいる。

アスファルト防水層は、寒暖差、地震、雨水の浸入などによって劣化し、最後は破断してしまう。
その寿命は、押さえのコンクリート層がある場合で約20年、防水層の露出している場合は15年ほど。

修理方法には、既存の層をすべて排除して新しく敷きなおす場合と、これまでの部分はそのまま残し、 その上から新たな防水層を重ねていく2種類がある。

[関連ワード]-
福仙メモ
Under Construction...
不動産用語集「あ行」トップページ > アスファルト防水(読み方:あすふぁるとぼうすい)