トップページ > 不動産用語集

不動産用語集

 

あかさたなはまやらわ英
不動産用語集「あ行」トップページ > 内金(読み方:うちきん)

不動産用語「う」


内金
(読み方:うちきん)

内金とは、売買契約が成立した後に、売買代金の一部として買い主から売り主へ交付される金銭のこと。「内入れ金」ともいう。

手付が売買契約が成立する際に交付されるのに対して、内金は契約成立後に交付されるという違いがある。
また手付は契約の義務が履行されれば代金に充当されるのに対して、内金は交付される時点ですでに代金の一部である。

たとえば、取引する不動産に付いている抵当権を売主に抹消してもらうためなど、売主に契約履行の準備を促すために買主が協力するという意味で支払う場合が多い。引き渡しまでに支払う中間金などもこれに当たる。
金額的に代金の4分の1から2分の1程度と大きくなるケースがある。

[関連ワード]-
福仙メモ
Under Construction...
不動産用語集「あ行」トップページ > 内金(読み方:うちきん)