トップページ > 不動産用語集

不動産用語集

 

あかさたなはまやらわ英
不動産用語集「か行」トップページ > 組合(読み方:くみあい)

不動産用語「く」


組合
(読み方:くみあい)

共同の事業を営むために、複数の人が出資し、組合契約を締結することで結成された人の団体のこと(民法667条等)。
組合は法人と同様に人の団体であるが、組合は法人格を持たず、法人は法人格を持つという大きな違いがある。
組合は法人と比較して、団体としての拘束が弱く、構成員の個性が顕著であるといわれている。例えば、組合の財産は全組合員の合有であり、組合の債務に対しては構成員がその個人財産によって弁済する責任を負う。また構成員が組合を脱退する際には持分(もちぶん)の払い戻しが認められている。
このように組合は個人の集合としての性格が色濃く、法人とは異なっている。(民法第676条、第675条、第681条など)

[関連ワード]
福仙メモ
Under Construction...
不動産用語集「か行」トップページ > 組合(読み方:くみあい)