トップページ > 不動産用語集

不動産用語集

 

あかさたなはまやらわ英
不動産用語集「さ行」トップページ > 敷居(読み方:しきい)

不動産用語「し」


敷居
(読み方:しきい)

開口部の下部に設けられる水平材。門の内外を仕切ったり、部屋を区切るために敷く横材で、同時に建具を受ける役目もする。古語の「閾(しきみ)」が由来。略して「敷き」とも。

建具の受け方は、戸の開閉形式によって異なり、レールを上に設けたり、溝を彫る等の手法がある。敷居の上端は、和室の場合は畳の厚さにそろえ、廊下などの板面からは3cm程度あげる。バリアフリーの場合は段差を設けない。

[関連ワード]バリアフリー
福仙メモ
Under Construction...
不動産用語集「さ行」トップページ > 敷居(読み方:しきい)