トップページ > 不動産用語集

不動産用語集

 

あかさたなはまやらわ英

不動産用語「つ」


(読み方:つか)

束(つか)とは床束(ゆかづか)のこと。木造建築の一階の床組材で大引きを支える鉛直材。
一般に、断面寸法が9cm角程度で90cm間隔に設けられる。
束とは床束のことで、家の床下で、平行材である大引きを支える短い角材。
基礎の上に据えられた束石(つかいし)の上に乗っている。
上部仕口(じょうぶしくち)=木材の接合部は、そのまま大引きと平面で接して斜め釘うちの上にかすかい打ち、またはほぞ差しで釘打ちとする。

[関連ワード]-
福仙メモ
Under Construction...