トップページ > 不動産用語集

不動産用語集

 

あかさたなはまやらわ英
不動産用語集「た行」トップページ > 通し柱(読み方:とおしばしら)

不動産用語「と」


通し柱
(読み方:とおしばしら)

2階建て以上の木造建築物で土台から軒桁まで1本の材で通された柱のこと。一般に建物の隅部などの要所に使われる。

土台から立ち上がり、胴差しを支え、梁と桁に接合されて屋根を支える柱のことを通し柱という。胴差しや梁との接合部分には、お互いをかみ合わせるための溝ができるため、通し柱はその断面が四寸以上の材でなければならないとされる。材としては、ヒノキ、杉、ヒバ、ベイマツなどが適している。

途中で桁・胴差などで中断されている短柱は管柱という。

[関連ワード]-
福仙メモ
Under Construction...
不動産用語集「た行」トップページ > 通し柱(読み方:とおしばしら)