トップページ > 不動産用語集

不動産用語集

 

あかさたなはまやらわ英
不動産用語集「な行」トップページ > 長押(読み方:なげし)

不動産用語「な」


長押
(読み方:なげし)

柱の側面や鴨居の上部などに取り付ける化粧材の一種。壁を装飾するための水平材で、断面は下が厚く上が薄い台形である。木材の台形断面を「長押挽き」という。本来は、軸組を引き締める効果もあったとされている。

取り付ける位置によって呼び方が違い、柱の最下部の「地覆(じふく)長押」、窓の下につける「腰長押」、天井回り縁の下部の「天井長押」、天井と鴨居の間の小壁につける「蟻壁(ありかべ)長押」などがある。
鴨居の上部につける「内法(うちのり)長押」をさすのが一般的。

[関連ワード]-
福仙メモ
Under Construction...
不動産用語集「な行」トップページ > 長押(読み方:なげし)