トップページ > 不動産用語集

不動産用語集

 

あかさたなはまやらわ英
不動産用語集「な行」トップページ > 二重床工法(読み方:にじゅうゆかこうほう)

不動産用語「に」


二重床工法
(読み方:にじゅうゆかこうほう)

マンションなどで、防振・遮音・断熱(防寒)を目的として床板を二重に張り、床板の間に空間をつくる仕上げ方。

角材を均等に並べて床材を乗せる「根太床工法」、スラブの上に根太、支柱を配置した「置き床工法」、床板を弾力性のある防振材で支持し、主要構造体と絶縁することによって音の伝搬を遮断する「浮床工法(単に浮き工法ともいう)」がある。
「根太床工法」→「置き床工法」→「浮床工法」の順に遮音性は上がるが、建築コストも高くなる。
最近の遮音等級の高いフローリングでは、置き床工法が主流になっている。

[関連ワード]浮床工法
福仙メモ
Under Construction...
不動産用語集「な行」トップページ > 二重床工法(読み方:にじゅうゆかこうほう)