トップページ > 不動産用語集

不動産用語集

 

あかさたなはまやらわ英
不動産用語集「な行」トップページ > 任意組合型(読み方:にんいくみあいがた)

不動産用語「に」


任意組合型
(読み方:にんいくみあいがた)

不動産共同投資事業のなかで、民法に基づく任意組合を結成して行う方式のこと。
出資された財産は組合員の共有財産になり、組合員は共有持ち分権を購入して、収益の分配を受ける形になる。
権利関係は不動産を所有しているのと同じ。

共同事業から得られた収益については組合には課税されず、組合員に分配された段階で不動産所得として課税される。
各組合員は事業に対しての無限責任を負う。不動産特定共同事業法の対象の1つ。

[関連ワード]-
福仙メモ
Under Construction...
不動産用語集「な行」トップページ > 任意組合型(読み方:にんいくみあいがた)