トップページ > 不動産用語集

不動産用語集

 

あかさたなはまやらわ英

不動産用語「ぬ」


(読み方:ぬき)

木造建築の軸組を補強する材のひとつで、壁面において柱どうしを水平方向につなぐ横木のこと。柱に穴を開けて貫くように通す。
伝統的な日本家屋の真壁(しんかべ)では、貫を利用して壁の下地を設けていた。

3本以上の柱や束をつなぐのを「通し貫」という。竹小舞や木摺りなど、塗り壁の下地材を取り付けて固定する役割を兼ねる。縦に付けるものを「塗込み貫」という。取り付ける位置によって、小屋貫、天井貫、頭貫(かしらぬき=柱貫)、飛貫(ひぬき=樋貫)、内法貫、胴貫(=腰貫)、地貫(=足元貫)、水貫(遣形貫)などがある。

また、貫は耐力壁を造る大事な部材でもある。
貫(ぬき)の作る耐力壁というと、一般には土塗り壁を指す。構造合板や筋違いで作る耐力壁と比べて、強度は劣るが、粘りがあって変形しても極端な破壊には至らない。貫の変形はそのまま壁の変形につながるので、よく乾燥した材を使うのが大事とされている。

[関連ワード]-
福仙メモ
Under Construction...