トップページ > 不動産用語集

不動産用語集

 

あかさたなはまやらわ英
不動産用語集「な行」トップページ > 根太(読み方:ねだ)

不動産用語「ね」


根太
(読み方:ねだ)

根太(ねだ)とは、床板を受ける角材。
木造の建物は、下から地盤→基礎→土台ときて、土台が大引きを支える。
その上に床板をはっていくわけだが、その際大引きと床板の間に入る材。
大引きは、普通、半間(約90cm)間隔で入れられる。
その上に、まず根太を一定間隔で打ちつけ、さらにその上に床板を張って仕上げる。
しかし、床板が十分厚い場合は、根太を省略して、床板を直接大引きに張ることもある。
床の荷重は大引きが受け、それをさらに床束が受けて、基礎→地盤へと伝える。

[関連ワード]-
福仙メモ
Under Construction...
不動産用語集「な行」トップページ > 根太(読み方:ねだ)