トップページ > 不動産用語集

不動産用語集

 

あかさたなはまやらわ英
不動産用語集「な行」トップページ > 農地法(読み方:のうちほう)

不動産用語「の」


農地法
(読み方:のうちほう)

農地法は、国民の食糧を生産する、かけがえのない基盤である農地の、所有や利用関係の仕組みを決めた基本的な法律。日本の農業生産力を守るために創設された法律で、農地等の自由な処分を規制している(昭和27年法律第229号)。
この法律では、農地を売買する行為だけでなく、農地を賃貸する行為や、農地を宅地として転用する行為も原則的に禁止するという、大変厳しい規制を行なっている。

近年、農家でない人が農地を取得したいというケースが増えている。これは、基本的には認められない。しかし、新規就農として50アール以上を取得する場合、許可されることもある。

農地は耕作者が所有することを適当と認め、耕作者の地位の安定と生産力の増進を図ることを目的として制定されたのが農地法だ。いくら仕事に打ち込んでも搾取されていた小作農の時代をしのばせる「農業保護」「農業重視」の法律だといえる。

[関連ワード]農地 農用地区域
福仙メモ
Under Construction...
不動産用語集「な行」トップページ > 農地法(読み方:のうちほう)