トップページ > 不動産用語集

不動産用語集

 

あかさたなはまやらわ英
不動産用語集「ま行」トップページ > 回り縁(読み方:まわりぶち)

不動産用語「ま」


回り縁
(読み方:まわりぶち)

居室の天井と壁の最上部が接するところに水平につける
見切り材(連続した仕上げが終わる端部の納まりをよくするために取りつける材)。
「天井回り縁」ともいう。

和室の回り縁の幅は柱の太さの半分くらい。
通常は角材だが丸太を用いることもある。
座敷の格式を高める場合には2段にした「二重回り縁」もある。
洋室の場合は細くして軽く見せたり、
天井や壁合板の裏側に納めて表面から見えなくした「隠し回り縁」にすることがある。

[関連ワード]-
福仙メモ
Under Construction...
不動産用語集「ま行」トップページ >  回り縁(読み方:まわりぶち)