トップページ > 不動産用語集

不動産用語集

 

あかさたなはまやらわ英
不動産用語集「や行」トップページ > 家主代行(読み方:やぬしだいこう)

不動産用語「や」


家主代行
(読み方:やぬしだいこう)

家主代行とは、言葉どおり、戸建、マンション、アパートの大家の替わりに、家賃の集金、住人の間のトラブルの仲裁など、管理業務を行うこと。

この形を取るのは主として不動産投資の場合で、投資家である家主が、家賃収入を得る物件から離れて住んでいるときに管理業務を委託すること。その委託料は物件によって違う。

また、家主代行にもいくつかの形があり、通常の家主代行型では、入居者の滞納や空き室が出た場合の保証はない。これに対して、滞納保証型、サブリース型といわれる形だと、滞納があっても、空き室が出ても賃料の保証をしてくれる。
もちろん、あとのふたつのタイプのほうが委託料は高額になる。

[関連ワード]マンション
福仙メモ
Under Construction...
不動産用語集「や行」トップページ > 家主代行(読み方:やぬしだいこう)