トップページ > 不動産用語集

不動産用語集

 

あかさたなはまやらわ英
不動産用語集「や行」トップページ > 擁壁(読み方:ようへき)

不動産用語「よ」


擁壁
(読み方:ようへき)

崖をおおう人工の壁のこと。俗に「土留め」という。主に、敷地と道路に高低差がある場合や、敷地の背後に崖がある場合に設置される。

単に崖を補強するものではなく、土砂の崩壊を防止することがその役割であり、大きな荷重を支えることができるような性能を持つ必要がある。擁壁の構造や維持管理が悪いと、豪雨や地震のときに壁体の破壊が起きるおそれがある。

なお建築基準法88条・施行令138条により、高さが2mを超える擁壁(ようへき)を造る場合には、建築主事の建築確認を受ける必要がある。

[関連ワード]-
福仙メモ
Under Construction...
不動産用語集「や行」トップページ > 擁壁(読み方:ようへき)