トップページ > 不動産用語集

不動産用語集

 

あかさたなはまやらわ英
不動産用語集「ら行」トップページ > 路地状部分(読み方:ろじじょうぶぶん)

不動産用語「ろ」


路地状部分
(読み方:ろじじょうぶぶん)
変形敷地の一部で、道路に接している間口の幅が狭く細長い通路状になっている部分。
「敷地延長」ともいう。
路地状部分を含む敷地を「袋地」や「旗竿敷地」と呼ぶ。
建築基準法では「建物の敷地は4m以上の道路に2m以上接する」という接道義務を設けているが、
地方自治体によっては独自に条例を定めて、路地状部分の間口と奥行きの関係を制限している。

また、路地状部分がある敷地は税務上、不動産鑑定上の評価が下がる。

[関連ワード]-
福仙メモ
Under Construction...
不動産用語集「ら行」トップページ > 路地状部分(読み方:ろじじょうぶぶん)