トップページ > 不動産用語集

不動産用語集

 

あかさたなはまやらわ英
不動産用語集「ま行」トップページ > モジュール(読み方:もじゅーる)

不動産用語「も」


モジュール
(読み方:もじゅーる)

建築生産における規格化・標準化を図るための基準寸法のこと。または、構成材のサイズを定めるために、ある法則で秩序だてられた寸法組織のこと。日本建築の「尺」や「間」もモジュールのひとつである。

一般的には尺である91cmを基本寸法とする。これは、畳の短いほうの長さが基準になっている。つまり、2畳がだいたい一坪というイメージに日本人が慣れてきたからだ。

しかし、フローリングの住まいに慣れてきた現在では、それも絶対の基準とはいえなくなっている。また、現在の住宅にこのモジュールを当てはめると、廊下が狭くなって車椅子が通れないなどの問題が生じるため、新たに1mを基本寸法とするメーターモジュールが採用されるケースが増えてきている。

[関連ワード] フローリング
福仙メモ
Under Construction...
不動産用語集「ま行」トップページ > モジュール(読み方:もじゅーる)